40才からの婚活・熟年結婚

自分を一言で紹介すると何?

一言で自分を紹介するとしたら何?

婚活,40歳,熟年,結婚,プロフィール,書き方

自分のキャッチコピーキャッチフレーズを作ると言うことは、婚活においてかなり重要な作業だ。

 

というのも婚活サイトで結婚相手を見つけるにも、婚活パーティで自分を相手に印象づけるのも、じつはこのキャッチコピーであったり、キャッチフレーズであったりするからだ。

 

だから自分のキャッチコピーやキャッチフレーズが、「まさにその通り!」というような場合は、相手に対して好印象を与えるだろうし、少なくとも自分の存在を印象づけることができるだろう。

 

たとえば自己紹介でただ「飲食店をやっている山田一郎です」というより「繁盛レストランの経営者・山田一郎です」と言った方が、印象に残る度合いは全然違うはずだ。

 

婚活では第一印象が良くないと、すぐに興味を失われてスルー(見送り)されてしまうので、とにかくまず興味を引くような自分のキャッチコピーやキャッチフレーズを作る必要がある。

 

自分はどういった人間でどういう事をしているのか、一言で表せるようなそんな作業が必要になる。

 

これは婚活を成功させる第一歩であるから、しっかり検討しないといけないが、堅苦しく考えず、とにかくまず一つ二つ考えてみよう。

 

「自分を一言で紹介するとしたら何」と。

 



結婚相手にイメージが湧くようなキャッチコピーを

婚活において婚活者の3つの「無い」とは

  • 婚活者は見ない
  • 婚活者は信じない
  • 婚活者は行動しない
というものであった。

 

婚活者は自分を見てくれない。

 

婚活者は自分を信じてくれない。

 

婚活者は自分と結婚しようとしてくれないこの第一の「自分を見てくれない」というところをまず突破するのがプロフィールや自己PR欄に書く、自分のキャッチコピーと言うことになる。

 

だから自分のキャッチコピーは、一目で見て分かるものでないといけない。

 

「婚活者は見ない」のだからチャンスは一瞬である。

 

その一瞬で自分に目をとめてもらわないといけないわけだ。

 

そしてキャッチコピーは抽象的ではなく具体的なモノにしないといけない。

 

なぜかというとそれを見たり聞いた人にイメージが湧かないからである。

 

「誠実で堅実な山田一郎です」というと、何が誠実で何が堅実なのかわかったようでわからない。

 

婚活者の3つの「無い」の2番目の「婚活者は信じない」にも引っかかる。

 

「本当に誠実なの?」「本当に堅実なの?」と、そういう懸念も出てきてしまう。

 

それよりも

  • 「ガーデニングに夢中の山田一郎です」
  • 「日曜大工に夢中の山田一郎です」
の方が、「ああお休みの時は庭いじりをしているんだな」「休日は机とかいすとか作っているんだな」という具体的なイメージが湧く。

 

結婚相手にしてみれば、そのイメージの中に自分を置くことができるかどうかで、興味の持ち方が変わってくるから、自分も一緒に庭いじりができるなと思えば自分の婚活ページにエントリーしてもらえる。

 

また日曜大工している人にお茶でも出しているイメージが湧けば、もう少し相手のことを知りたいなと思ってもらえるだろう。

 

NEXT:婚活のために自分史を作ってみる

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加