婚活のための身だしなみ

加齢臭に対処しよう

加齢臭にまず対処しよう

40からの婚活を成功させるには、異性から嫌われる要素を極力減らすようにしないといけない

 

今までは結婚するために努力なんかしていなかったとしても、これからは結婚のための努力をしなければいけない。

 

たとえばまず体臭だ。

 

40歳ともなると男性でも女性でも、加齢臭(かれいしゅう)が出てくる。

 

加齢臭というのは、年を取ることによって出てくる、独特の体臭のことで、ロウソクのすえたような臭いだとか、古本の臭いのような体臭だ。

 

お婆さんの臭いというと分かるかも知れない。

 

物質的にはノネナールという物質になるのだが、これは皮脂、つまり皮膚から出てくる油分が皮膚に住んでいる細菌によって分解された結果、生じてくる。

 

皮脂はもちろん子供の頃から出ているものだが、成分が多少変わってくるのと、男性ホルモンが皮脂を増やす働きを持ってくることから、脂ぎった中年男の臭いのように認識されている。

 

加齢臭は、皮脂腺が老化した結果だという指摘もあって、男性は40代前半から、女性は50歳前後から出てくるので対処が必要だ。

 

このほかにも30代の男性特有の臭いというペラルゴン酸という臭いもある。

 

女性の場合は、香水や化粧品などの臭いで自分の体臭に気がつかない場合も多いが、これは誰にでも出てくる臭いだから、対処しておかねばならない。

 

スポンサードリンク

加齢臭対策には柿渋石けんとローズサプリ

年を取ると誰にでも必ず発生する加齢臭

 

男性なら40歳前後から、女性でも50歳前後から、加齢臭は発生してくるので対処しないといけない。

 

そのほかにもペラルゴン酸という、男性30代に特有の臭いもあり、臭い対策はできる限りの対策をしておかないと、知らないウチに嫌われているというようなことにもなりかねない。

 

加齢臭対策には、柿渋せっけんミョウバン石けんのようなもので毎日身体を洗うこと、そして香り成分を含んだサプリメントなどを飲むことなどが上げられる。

 

加齢臭は皮脂が酸化したり細菌によって分解されたりしてできるものだから、発生自体を止めることはできないので、毎日ていねいに臭いを減らす努力を続ける必要がある。

 

と言ってもキツい消臭剤やデオドラント製品などを使うと、返って逆効果になる場合もある。

 

また保水効果のあるボディソープなどを使っていると、返って臭いが体表にこもってしまったりして、足クサの原因になったりもする。

 

汗や皮脂というのは、新陳代謝がニブくなると、不快な臭いに変わる成分が皮膚の所に溜まってしまったりするので、ドンドン出してドンドン洗うしかなかったりする。

 

そして口臭やワキガの原因となる悪い食生活も見直すことで、加齢臭もかなり軽減されるだろう。

 

婚活や結婚生活で成功したいのなら、臭い対策は日頃からしておくべきことのひとつだ。

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加