結婚を前提のおつきあい

婚活は恋愛と似て非なるモノ

婚活デートは、一発勝負のトーナメント

婚活,40歳,熟年,結婚,熟年結婚,方法,ノウハウ

女性にとっても、婚活デートというのはかなり比重の大きなイベントだ。

 

婚活パーティやカップリングパーティでは、多対他だから、しっかり相手を品定めしたり、自分が品定めされたりと言うことはない。

 

「この人はアリかな」という異性を何人かピックアップして、メルアドを交換したり電話番号を教え合ったりするだけだから、ある意味気軽である。

 

もちろんパーティによっては、興味アリ同士でカップル成立にならないと、メルアドなどを交換できないこともある。

 

が、オープンな婚活パーティなら、何人かとメアド交換することもできるだろうから、本当に気軽なも飲んである。

 

しかし何度かメール交換などをしたあと、「一度会いましょう」という話になったら大変だ。

 

カップリングパーティと違って婚活デートの場合は、1対1で相手と会うわけだから、変な話、頭の先からつま先まで舐めるように見回されることは必至だ。

 

そして自分の一挙手一投足が、そのあと交際を続けるかどうかに直結してしまう。

 

「申し訳ないですが、、、ごめんなさい」というメールが届いて、そこで終了と言うことになることも多いだろう。

 


スポンサードリンク

婚活は恋愛とは似て非なるモノ

女性の場合、恋愛に対しては特別の考えがある。

 

デートテクニックだとか恋愛テクニックだとか、そういったモノを駆使して、目指す彼氏の心をつかんだら成功、、みたいな。

 

しかし婚活というのは、結婚相手を捜す活動で、恋愛とは似て非なるモノである。

 

ゴールは結婚であって、途中に恋愛が無くても良い。

 

恋愛テクニックなど、婚活ではあまり役に立たないことがほとんどだろう。

 

お互い、結婚相手を見つけるというのが大目標であるから、相手を焦らしてみたり、わがままを言ってみたり、そういう恋愛テクニックを使っていたら、さっさと相手から「もう結構です」と言われてしまう。

 

というのも婚活者は、恋愛相手ではなくて結婚相手を求めているわけだし、その婚活も呑気にやっているつもりはない。

 

最悪でも2〜3年以内に、結婚というゴールにこぎ着けようとしているので、交際を続けるかどうかは早めに決断する傾向がある。

 

なので、ちょっとした違和感をもたれても、そこで交際終了と言うことになってしまう。

 

だから恋愛テクニックなど、逆効果に働いてしまって、あっと言う間に交際終了になってしまうわけである。

 

女性の場合、このことを肝に銘じておかないといけない。

 

NEXT:恋愛テクニックは逆効果

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加