結婚を前提のおつきあい

最初に送るメールが肝心

最初のメールが第一印象になる

結婚,婚活,成功,

婚活サイトでは、思う存分自分のタイプの異性を探すことができる。

 

しかしそこから先は、メールでやりとりしたり、婚活パーティ・カップリングパーティなどに一緒に参加してみたりする必要がある。

 

どちらにしても、希望する相手にメールを送ることから、スタートするわけだ。

 

このメールが、第一印象を決めると言っても過言ではない。

 

ここで素っ気ない返事が返ってきたら、それで終わり。

 

返事が返ってくればまだマシだが、なければ落ち込む。

 

だから最初のメールは、大事だ。

 

しかしまだ一度も会った事のない人に対してメールを打つわけだから、非常に難しい。

 

仕事のメールなら、要件だけきっちり書けばいいけれど、それでは余りにも味気なさすぎる。

 

かといって、余りにも砕けたメールでも困る。

 

文章がだらだらと長すぎるのは、もちろん厳禁で、一般には、400文字程度がいいとされている。

 

400文字というと原稿用紙一枚分で、声に出して1分間で読めるくらいの量。

 

アナウンサーなどは、原稿用紙1枚を1分で読むようにトレーニングするらしいが、そういう量やね。

 


スポンサードリンク

婚活メールはラブレター

ブライダルネットや婚活サイトで相手を捜しメールで交際を申し込む。

 

これってラブレターに他ならない。

 

メール全盛時代になって、ラブレターなんて言うのは廃れたのかと思っていたが、こう言うところで復活だと言うことやね。

 

で、これをラブレターだと考えると、必ず書かねばならないことがいくつかある。

 

まずは自己紹介。

 

次は、なぜあなたに興味を持ったのか?ということ。

 

相手にしてみれば、突然メールをもらうわけだから、まず誰なのかを教えてもらいたい。

 

そして次に、自分のどういったところに興味を持たれたのか、知りたい。

 

婚活サイトに登録しているもの同士だから、結婚相手を捜していると言うことは、分かっている。

 

なので何に興味を引かれ、どうしたいのかをハッキリ伝えることも大事だ。

 

とりあえず会ってみたいのか、メールだけでしばらくやりとりしたいのか、それとも電話で話したいのか。

 

結婚を強く意識しているのであれば、なるべく早い時期に直接会った方が良い。

 

内面を知りたいのであれば、メールや電話のやりとりを数回交換して、そのあと会うというのもいい。

 

とにかくそういう意志をハッキリ伝えることが重要だろう。

 

★女人禁制:Yahooパートナーでかわいい女の子と出会う方法NEXT:最初のデートで注意すること

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加