婚活パーティー必勝法

カップリングパーティーとは

カップリングパーティとは?

結婚,婚活,成功,

ネットでの婚活では、カップリングパーティという場が重要だ。

 

インターネットでの婚活は、自分で望む相手を検索して、交際を申し込むシステムになっている。

 

なのでめぼしい相手が見つかったら、直接メールを打っても良い。

 

ただしいきなり1対1で会うというのも難しいから、お見合いパーティ(通称「カップリングパーティ」)のイベントに参加して相手を捜すのも有効だし、また同じパーティに参加しませんかと誘うのもいいだろう。

 

そのカップリングパーティだが、多くの異性とふれあう機会を提供するパーティで、いろんな型のモノがある。

 

基本は3〜40名くらいの男女を、ホテルのレストランなどの会場に集めて行う「着席対話型」。

 

時間ごとに分けて多くの人と話せるように、プランが組まれている。

 

比較的初心者にお勧めのパーティだ。

 

そのほかにも分類すると、

  • フリースタイル型
  • テーマ別型
  • 少人数ディナー型
などといったカップリングパーティがある。

 

カップリングパーティの中身カップリングパーティとは、昔とんねるずがやっていた「ねるとん紅鯨団」みたいなものだ。

 

異性を求める男女が集まり会食しながら相手を捜す。

 

そして最後に希望を出して、うまくいけばカップリング成功!というわけだ。

 


スポンサードリンク

席に座って行うカップリングパーティもある

一方「着席対面型」のパーティは基本のカップリングパーティで、こんな風に進む。

 

1.受付で自分の番号札を受け取る。

 

2.着席して、「プロフィール・カード」に記入する。

 

このプロフィール・カードはあとで相手に見せるので、丁寧に書いた方が良いが簡潔さも必要だろう。

 

3.準備が整ったらトークタイムになる。

 

正面に座っている相手とプロフィール・カードを交換して、それを見ながら話をする。

 

3〜5分くらいしたらプロフィール・カードを返してもらい、男性が席を一つずれて移動する。

 

4.参加者の異性全員とのトークタイムが終わったら、「第一印象カード」に印象が良かった人の番号を記入。

 

5.後半はフリータイムになり、気になる相手ともう一度会話するチャンスができる。

 

パーティによっては途中経過を教えてくれたりする。

 

6.時間が来たら「ファイナルカード」に気に入った相手の名前を記入して提出する。

 

7.主催者により成立したカップル番号が発表され、カップルになった人たちは一緒に帰ることができる。

 

ねるとん紅鯨団のように告白タイムというのはないが、最後の番号発表にはみんなドキドキするようだね。

 

また最初からフリートークになる、フリースタイル型のカップリングパーティもある。

 

NEXT:お見合い型パーティとは

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加