ソロギター演奏はTAB譜は忘れなさい

ソロギター演奏はTAB譜は忘れなさい

ソロギターを演奏するのには、楽譜もTAB譜も必要ないって知ってましたか?ソロギター演奏簡単アレンジ法のご紹介です。

ギターソロは、TAB譜を忘れて弾け

ソロギター,TAB譜,簡単アレンジ,楽譜,アレンジ法

ギターを思う存分弾きたい。自由自在に弾きたい。
そう思う人も多いもの。

 

しかしながら、
楽譜が読めない、
ギターの楽譜であるTAB譜が読めない。
なので楽譜やTAB譜を忘れてと悪戦苦闘して結局挫折する。
そう言う人が殆どでしょう。

 

私も子供の頃、
エレクトーンをやっていましたが、

 

楽譜を読むのって言うのは一種の才能が必要ですね。
楽譜を初見で見て演奏できるなんて人がいますが、
本当にビックリする才能です。

 

しかし音楽の世界を見回してみると、
楽譜が読めることと音楽をすることは別のことだと気が付きます。
楽譜が読めなくっても書けなくっても、
音楽家として通用している人が非常に多いんですね。

 

たとえば「シクラメンのかほり」「愛燦燦」を作った作曲家の小椋佳さんなどは、

 

楽譜が書けないので録音テープに歌を吹き込んで
レコード会社に送るというようなことをやっていたそうです。

 

楽譜やTAB譜というのは、
音楽を紙の上に書き留めておこうというモノであって、

 

音をそのまま録音できるなら、
別に楽譜が書けなくても言い訳です。
裏を返せば、
耳から音を聞いて、
それを再現できるのであれば、

 

それで良い訳です。

 

ギターを弾くためには、
楽譜やTAB譜を必ずしもマスターする必要はない。

 

じゃあ、
どうやってソロ演奏をやればいいの?おすすめの教材がこれです!

★ソロギター簡単アレンジ法


ソロギター演奏はTAB譜は忘れなさい関連エントリー

1日7分!エレキギター簡単上達法
アドリブギターは手ぐせで覚えろ